2010年08月26日

安曇野

100826_1202~010001.jpg100826_1223~010001.jpg
今年も始まりました、あづみ野ギターアカデミー。

まずは腹ごしらえにカレー!


黒糖カレーで有名な蔵久。
posted by 池田慎司 at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

文具

100810_1332~010001.jpg100810_1525~01.jpg
久々に1日オフなので、朝は娘と買い物へ。

と言っても仕事道具を買い揃えるためまず向かった先は文具店。

万年筆のインク、パート譜作りに役立ちそうなノリ、ペン・・・etc

必要なものを手にし、その後何かおもろいネタはないかと物色していると、やがて娘が何かを手にとって遊び始めました。ぱっと見はミニカーサイズの車ですが、良くみると中に箒が2本歩行型についており、この車を卓上で走らせると、物凄い勢いでこの2本のミニ箒が掃きだす仕掛けになっているのです。
そしてこの小さな車体の、ちょうどトランクのスペースの底にはこれまた小さなちり取りがセットされておる訳です。

なかなかよう出来とるやないか〜


どれどれ、この「ミニクリーナー」とやら!
お前の実力を見てやろうじゃないか。

とばかりに、近くのペンやら何やらが掛かっている机の奥〜の方にたまっているちりの上を走らせてみると、まぁ素敵!かなりきれいにゴミを取るではありませんか。
消しゴムの削りカスを取るには最適ですよこれ。


結局全色買って帰ったとです。
posted by 池田慎司 at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発表会

100808_1700~010001.jpg100808_1703~01.jpg
発表会&ソロコンサートめでたく無事終了しました。


今回は本当に「無事」という感じでした。

今回で4回目になる北九州の教室発表会ですが、着実に生徒の参加も増えてきました。お陰で発表会の内容にも随分バリエーションを持たせられるようになったので、生徒たちも発表会の中で色々な関わり方が出きたよううです。

会場も良さそうな所があればまずはやってみよう!というわけで、今回は生徒の案で「旧古河鋼業若松ビル」に決定!

私は若松に詳しくないのですが、まさかこんな素晴らしい会場があったなんて。
また使わせて頂きます。

発表会は10時からリハーサル。デュオの相方として、カルテットメンバーとして、アンサンブルの指揮としてリハーサルに2時間。(何だかず〜っと弾いてました)

開演12:30。
出番の生徒がスタンバイしてなかったり、演奏中クーラーの風に楽譜が飛ばされたり、よい演奏に感動したり、司会進行と演奏をしているうちに時間はあっという間に経ちますね。
14:30発表会終了。15:00ソロコンサート開始。既に音楽で満腹になった私の意識もさすがに次の自分のコンサートのリハーサル中でぶっ飛びそうでした。

しかし不思議ですね。コンサートが始まるとまた発表会とは違うギタリストの体力が蘇ってくるのです。

別腹っちゅうヤツですね。

2ステージ+アンコール1曲終え、この日のイベントし〜ゅ〜り〜ょ〜〜(終わった直後にどっと疲労感。16:40)

片付けが終わり数名の生徒と共に移動開始。
若松ー戸畑の渡船にも二十数年振りに乗船しました。

19:00打ち上げ。よっしゃ飲むぞ〜といいつつここでも弾かされ・・・
(演奏に合わせて踊る生徒、歌う生徒) まぁなんでもありです。
良く飲んだなぁ〜


「無事」2時帰宅。

何はともあれ今回は生徒が良く働いてくれたお陰で随分スムーズに発表会運営ができました。
感謝です。

さて次は・・・
posted by 池田慎司 at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

マンドリンコンサート

100727_1356~010001.jpg100727_2208~01.jpg

池田国昭さんとの共演終了しました!


身内を褒めるのも何ですが、69になる今回の父のコンサートは今までやってきた中でも最も素晴らしい演奏の一つでした。


身近に居るからこそ気付きづらい父の精神や人生哲学(堅苦しいかな〜)を共演者として肌で感じる事ができたのです。


マンドリンソロの時に私は舞台袖で演奏を聴きながら、おもむろにプログラムに目を通していたのですが、地味に印刷された一枚の紙の裏には奏者の挨拶文が書かれていました。

「本日はお忙しいなかご来場いただき誠に有難うございます。素人のマンドリン弾きといたしましては、このようにして自分の演奏会が出来る事は大変幸せなことだと考えています。健康に恵まれて、また多くの人達の支えがあってのことと感謝いたします。人は生まれて誰と出会うか、出会ったかたがその人の人生に大きな影響を与えるといいます。私もたくさんの人に出会い、色々な事を学ばせていただきました。故人になられた方も居られますが、まだまだたくさんの人達に囲まれて生活しています。今日の演奏会が、そのような方々への、感謝の贈物になればと願っています。」

演奏もそんな思いの丈を込めた直球勝負でした。

私もプロとしてこういった気持ちを忘れてはいけないとあらためて決意したのでした。


さぁ明日は8月8日の教室の発表会へ向けた合奏練習日です。
生徒に囲まれて音楽を楽しもう!
posted by 池田慎司 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

課題曲レクチャー


やっと終わった・・・

そんな感じです。正直疲れました。
と言ってもこれは良い疲れですが。(念のため)

昨日の講師は4人。私の担当はBWV998よりプレリュードとアレグロ(J・S・バッハ)でした。

たったの2曲とはいえ、準備にかけた時間は3ヵ月。
この間実に様々なことに気付かされ、また学びました。

曲の内容を知る事はプロにとってはごく当たり前ですが、その知ったことを相手に伝えるのはすこぶる難しく慎重な作業です。演奏の方法には様々な解釈があるから突き詰めれば詰めるほどその可能性は広がります。その上で今何を伝えるべきか、私がここでどの一手を打つか?その決断力を試されるのです。
与えられた時間が短ければよりそれは厳しくなります。

私に与えられた時間はそれぞれ10分づつでしたから、プレリュード15分、アレグロ5分の選択に変更してレクチャーすることにしました。
前日のミーティングで内容が大幅に時間オーバーすることが判明し、再度微調整できたことが幸いでした。(藤井先生に感謝です)

いろ苦労はつき物ですが、説明して相手に納得してもらえた時は、本当に嬉しいです。だからまたレクチャーをやりたくなるのですね。

私は今回レクチャーとコンサートは非常に似ていると思いました。
どちらも手段は異なる(音と言葉)けれど結局は伝えたい事が伝わるかどうかなのでしょうね。

生徒からも好評のメールを何通か頂きました。(嬉しいです)
ご来場頂いた皆様有難うごさいました。
posted by 池田慎司 at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

心機一転

100607_0952~010001.jpg100607_1645~01.jpg

富川さんとの3連チャンDuoも終わり、帰って来ました。

スイカをSUGOCAに入れ替え心機一転です。

そういえば東京滞在中に、生徒の一人から「先生、ギター買いました!」との報告を受けました。

私なりに楽器についてのアドバイスは事前にしていましたが、本人納得のギターと巡り会えた様子。

何はともあれ新しいギターとの出逢いというのは素晴らしいことです。
これまでにない新しい音を手にし、その楽器の持つ潜在能力を引き出すために、新たな努力が必要になるので、楽器から教わることも今までよりも増えることでしょう。

とか偉そうなことを言っている私こそ、あらためて努力しなければいけないのですが・・・

私も長年の愛器を手放し、新しいギターへ持ち替えたのです。
様々な経緯を経て今の楽器にたどり着いたので、このチャンスに関わって下さった全ての方々に感謝です。

はい。やはり私も新しい相方と修行中です。
posted by 池田慎司 at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

no-title

100606_1905~01.jpg100606_1752~02.jpg

3日間のコンサートも無事終了しました。

昨日は鎌田今日は三軒茶屋でどちらも素晴らしい響きでした。

只今三軒茶屋で打ち上げ中。

街並みが良いです。

宮崎の地鶏屋にきました。
posted by 池田慎司 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

本日の会場

100604_1749~01.jpg100604_1757~01.jpg100604_1807~010001.jpg

押上に着きました。

駅を出た瞬間何やらドデカい建設中のタワーがそびえ立っています。

スカイツリーらしいです。

完成すると600メートル以上になるそうです。

ここは下町風情溢れる味わい深い街で行き交う人も非常に気さくです。

会場の天真庵のマスターも偶然小倉生まれということで到着早々北九州弁使いまくりです。
posted by 池田慎司 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

新幹線で・・・

100603_0719~01.jpg100603_0739~010001.jpg

明日から始まる富川勝智さんとのコンサートに向けて今日から出発です。

今回は新幹線で行く事にしました。
朝ばっちり目覚めたので気分爽快です。


しかし問題は所要時間5時間を何に使うかです。


よし楽譜でもみるか〜。


いや寝るかな?
posted by 池田慎司 at 07:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

近況

100429_1047~020002.jpg

長いことブログ更新をサボっていましたが、只今思考の整理中です。(大袈裟ですね)


2ヵ月程前にある一冊の本と出会い、その内容に感化されてしまった訳です。


単純に、私の所有している本を改めて読み直している、と言うのが現在の作業なのですが、やはり若い頃に興味本位で購入したものは、当時、読むには読んでもその内容を思った程には理解してきていなかったようです。

今になって読み返してみると、随分納得する事が多いのがせめてもの救いです。

たまには読み直してみるものですね。

それにしてもこの作業は芋づる式に興味が湧きすぎて止まりません。


これからはきちんと合間にブログ書きます。
posted by 池田慎司 at 15:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

no-title

100402_1540~010001.jpg100403_1152~01.jpg100402_1445~01.jpg

昨日から講習会に来ています。

場所は北九州から車で2時間ほどの「源じいの森」。

実にのどかです。
posted by 池田慎司 at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

講習会

100321_1549~01.jpg100322_1201~010001.jpg100322_1206~010001.jpg100322_1134~010001.jpg100322_1332~010001.jpg

講習会後、たまっていた別の仕事に追われて、ろくに報告もしてませんでしたが、コンサート、講習会共に無事終了しました!


富川氏とは長年共演してきましたが、やはり共演者から学んだ事は私の財産であるとつくづく思います。
今回も2日間のリハーサルと本番で、いろいろと経験させて頂きました。


更に翌日は講習会のため由布院へ。
富川氏には特別講師としてこの講習会に参加者して頂きましたが、ここではギター伝道師としての手腕発揮です。


参加者のほとんどが私の生徒なので、富川氏の指導を受けた生徒達が、あらたな才能を開花させる瞬間に立ち会う事ができました。


才能を引き出すために教えるという、富川氏の指導者としての姿勢と、その生徒の演奏を聴いた瞬間にどこを指導するかという判断の鋭さは、それらの指導が的確なゆえに、おそらく聴講していた人たちも受講生と同じ立場で学ぶ事ができたでしょう。

今回の講習会のためにお願いした右手のためのテクニックについてのレクチャーも素晴らしかったです。
私自身講習会が終わってからその内容を実践しているところですが、今までギタリストとして無意識に行ってきたことを意識的に見直すきっかけになる技術だったので、これからの私の指導法の指針となりました。

そしてもう一つ、今回の講習会にはアンサンブル講座という枠を設けたのですが、ここでは九州の若手ギタリストの立石さんが指揮者として活躍してくれました。

指揮の技術はまだまだですが・・・
と本人も言いつつ、この任務を引き受けてくれたのですが、朝も5時頃起きて熱心に曲と向き合っていました。

ファイナルコンサートで彼の指揮した「やわらかな歌」(松岡滋作曲)は最高でした。


そして、私は・・・

正直、講習会という運営面でバタバタでした(疲)。

しかし今回の講習会という企画を主催した事は生徒達だけでなく、私にとって重要な意味を与えてもらいました。

普段私に付き合ってくれている生徒達に何ができるか。

ギタリストとしてだけでなく、音楽に携わる人間としての人生の課題ですね。


また来年もさらに充実した講習会を企画します!

コンサートを聴きに来て下さった方々、そして講習会に参加された生徒の皆様方、有難うございました。
posted by 池田慎司 at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

no-title

100321_1036~010001.jpg100321_1033~010001.jpg
いい眺めです。
posted by 池田慎司 at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出発〜!

100321_0803~01.jpg

昨晩のコンサートは大盛況でした。

今日からYGAに向け、湯布院へ出発です。
posted by 池田慎司 at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

完成

100319_1737~01.jpg100319_1736~01.jpg

明日のコンサート、そして翌日からのYGA(湯布院ギターアカデミー)へ向け、昨日富川氏が小倉へ到着しました。


コンサートのリハーサルもとても良い感じです。

リハーサルがスムーズに終わったので、遅めの昼食の後にYGAの資料をコピーするためコンビニへ・・・


コピーの枚数を見るとあまりの多さに、何だか楽しくなってきたので、上手に綴じて枝折りにしてみました。(一冊22頁)


上出来です。
posted by 池田慎司 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

フォレストヒルにて・・・

100316_0338~01.jpg
何年ぶりでしょうか。


久々にオーガスチンの高音弦を張りました。(赤ラベルです)


普段はプロアルテやハナバッハなどからいろいろなテンションを試して楽しんでいますが、今日は無性に「オーガスチンの良質の高音弦を探してみよう!」という賭けをしてみたくなったのです。


弦についてそこそこの知識のある方なら、このメーカーのピッチの良い高音弦を探し当てる事が容易でない事は良くご存知だと思います。
(リーガルやインペリアルは別にそういうことはありません)


前回は20セット程買ってようやく納得のいく弦にありつけたのですが、そこまでしてでも、この弦の音色には価値があるのです。


今回もその事を覚悟の上で、宝探しに挑んだ訳ですが、何と1セット目で大当たり。



うひょ〜ラッキー!


やはり当たりのオーガスチンの赤ラベルはイイッスね〜。



せっかくなので追加して3セット購入しました。

その中から更に完璧な弦を1セット発見。



今日は運がいい日だなぁ。


20日のコンサートにこの弦使おっと。
posted by 池田慎司 at 04:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そういえば

100227_2155~01.jpg100227_2204~01.jpg

何日か前の出来事ですが・・・



娘がしきりに同じ絵を何枚も描いていました。


あまりに一生懸命描いているので、すっかり私もその絵が気になってしまい、しばらく見ていました。


しかしどう見ても、ちびまる子ちゃんで良く見る、「顔面ザーッ」の絵に見えて仕方ないのです。


何枚も描いているその絵が、私には出来損ないの「まる子のお母さん」にしか見えないので、何を描いているのか娘に聞いてみました。


するとこの絵は横にして見るとピアノの2段譜 になっていて、さっきまで目や鼻に見えていた黒い点はどれもドの音になっているのだそうな。


なる程〜!


ドの音はト音記号とへ音記号でシンメトリーになっているんですね。
posted by 池田慎司 at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

no-title

100310_1205~01.jpg

昨日は良く雪が降りましたね。


天気予報で雪が降ることは聞いてましたが、まさかあんなに雪がふるなんて・・・


おまけに昨日はギターデュオのコンサートだったので会場に着くまでの道のりはかなりスリリングでした。

相方の立石さんの車で一緒に会場へ向かうものの、予想以上の大渋滞に、到底間に合いそうにないので途中で断念し、JRに乗り換え、なんとか本番前5分前に到着。

キンキンに冷めきった状態での演奏は久し振りでした。(過去に一度経験あり。)


終わってからもレッスン時間ギリギリに帰宅する始末です。


三寒四温とは良くいいますが、ここまで来るともはや天変地異ですね。


雪をなめてはいけませんね。
(こういう状態に陥った時の北九州の大渋滞もです)
posted by 池田慎司 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

アンサンブル練習

100221_1407~01.jpg
休憩中に外に出ると生徒の車の下でネコがお昼寝中でした。


それにしても日向ぼっこなのか、日影が好きなのか、なかなか微妙な所ですね。
posted by 池田慎司 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つかの間の・・・

100221_1128~01.jpg100221_1138~020001.jpg100221_1200~01.jpg
春だなぁ〜


昨日雪が降ったとは思えないほど今日は暖かいです。


レッスンの合間に子供達と散歩に来ました。

やっぱり公園は気持ちいいですね。
posted by 池田慎司 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。