2014年02月22日

ツアー その3 発表会編

翌日朝に大船から再び渋谷へ移動。

この日は富川ギター教室の重奏発表会です。

富川さんとはスペイン留学時代からお世話になっている先輩ギタリストで、帰国後一緒に仕事をするようになって随分経つので、ここの教室の生徒さんとも長いお付き合いの方々が沢山います。

ある意味私の第二の活動拠点とも言える楽しいコミュニティです。

とは言え、今回の発表会のゲスト演奏家で招かれたのは九州の若手ギタリストの壇遼さんで、私はプチゲストとして長年のお付き合いに甘えて参加させて頂きました。

重奏発表会という事で、全参加者はデュオを始め、トリオ、カルテット、そして教室の合奏団「リオ・リコ」の演奏といったバラエティに富んだ編成による発表会です。

親子デュオで始まり、生徒さん同士のデュオ、私もご指名頂き生徒さんの一人と二曲デュオを演奏させてもらいました。
引き続き先生とのデュオコーナーでは吉松隆作品から「優しき玩具」を取り上げ、組曲になっているこの曲を其々の生徒さんが代わる代わる先生と演奏していました。
こういう企画的プログラムを先生さんと一緒にやるというのも良いですね。(僕の教室でもやってみよう、要チェック!)


ゲストの壇さんは佐藤弘和作品の中からデュオやトリオの編成で富川教室の生徒さんたちと弾くというステージでしたが、生徒さんたちとのリハーサルのため前乗りしたとはいえ、今回の雪の影響でのスケジュール変更の中限られたリハーサル時間だったにも関わらず、見事なアンサンブルを作っていました(素晴らしい!)。
共演した生徒さんたちも流石ですね!

壇さんは他にも尾野桂子さんとのデュオ&富川さんとのデュオでも大活躍です。



え〜な〜、みんなと沢山演奏できてえ〜な〜・・・



最後の講師演奏コーナーでやっと私の出番!

富川&池田デュオ
富川&壇&池田トリオ
富川&尾野&壇&池田カルテット

です。

イェーイ!楽しかったぜ〜!

こんなにも最後まで生徒さんの演奏をゆっくり聴かせてもらえたのは初めてだったので聴くことに集中していて写真を撮るのをすっかり忘れていましたが、みんなの演奏を隅々まで堪能できたのはとても良い事でした。

ちなみに今回偶然佐藤弘和氏が発表会に駆けつけてくださり、初めてお会いすることができましたが、作曲者を目の前にして演奏するというのもまたそこに立ち会えるというのも有難い事ですね。

打ち上げの席でもゆっくり作曲についての話や、貴重な編曲秘話を伺えて幸せでした。

その後二次会までなだれ込み、トミーさんと帰宅後、懲りずにもう一軒今回のツアーの締めに飲みに出掛けましたが、ここでも長年の付き合いならではのディープな話に盛り上がり、今後の自分の活動の刺激を頂きました。
image.jpg


皆様お世話になりました︎ ^_^


おわり
posted by 池田慎司 at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。