2013年07月09日

CD発売へ寄せて

まずは皆様へご報告があります。


この度私の関わる3作目の録音物が7月3日に東京を皮切りに発売されました。

と言いましても、ショップに並ぶのは極わずかで、直接私たちがCDをコンサートなどで皆様にお買い求め頂くという実演販売形式でこれからやって行くわけですが、7月3日の発売コンサートでは沢山の方々にCDをお買い求めいただき、本当に嬉しかったです。


やはりサインを書いて直接手渡せるっていいですね。



さて肝心の今回のCDについてですが、一作目のソロアルバム「ブラジル」二作目アコーディオンとのCD「ブエン・ビアッヘ」から随分経ちましたが、兼ねてより制作してみたかったギターデュオのCDです。
約2年の構想を経て完成しました。

お相手は17年前にスペインで知り合い、長年一緒に活動してきた東京で活躍中のギタリスト富川勝智さんです。
アルバムタイトルを「CIRCLATION」と題して、様々なヨーロッパのクラシック音楽に焦点を当て、音楽巡りを繰り広げている録音ですが、 私たちの得意とするスペイン音楽を始め、クラシック音楽で良く知られた、ラベルの「亡き王女のためのハヴァーヌ」モーツァルトの「トルコ行進曲」などクラシックの中でのポピュラーな楽曲も収録されています。

実は今回のCDコンセプトの一つに、
音楽を愛する人のための、ギターによる名アレンジの曲集を作ろう!
ギター臭いやつを撮ろう!
というのがありまして・・・

名曲を収録するにしてもそれらのオリジナル楽器と張り合わずに全く違うその曲の魅力を探す事に専念しました。

PVはこちら
http://youtu.be/vapJrRmjaxk


亡きめのパヴァーヌをギターで弾くとこうなるのか!
トルコ行進曲も、ギター特有のワイルドさがよいね!

名曲が故に固定されたイメージを持たれがちな作品を、あえて別の楽器によって新たな魅力を引き出せないだろうかと色々チャレンジしました。



意外と・・・
ギターデュオの魅力満載のCDです。
一人でも多くの方に聴いて頂ける事を願っています。



こちらのメールフォームへお問い合わせください。
http://www1.bbiq.jp/guitarra/page009.html



image.jpg

「サーキュレーション」
全11曲収録 収録時間54"19'
\2500(税込)
1.入江のざわめき(I.アルベニス)
2.セレナータ・モリスカ(R.チャピ)
3.セビリアの理髪師(G.ロッシーニ)
4.椰子の木陰にて(I.アルベニス)
5.トルコ行進曲(W.A.モーツァルト)
6.エオリアンハープ(F.ショパン)
7.「儚き人生」よりスペイン舞曲(M.de.ファリャ)
8.亡き王女のためのハヴァーヌ(M.ラベル)
9.モーロ城の伝説(L.チャバーリ)
10.タランテラ(P.プティ)
11.トッカータ(P.プティ)




posted by 池田慎司 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。