2012年09月28日

AGA(秋吉台ギターアカデミー)

9月15日から2泊3日で行われたAGA(秋吉台ギターアカデミー)無事終了しました。

いつものように(今年で3回目になります)講師には東京から富川勝智さんに来ていただきました。
そして今回は松下隆二さんも加わり、実に内容の濃い講習会になりました。


IMG_0188.JPG

松下さんによるアンサンブル講座です。
シューベルトの「セレナーデ」を弾いています。
的確なアドヴァイスと指揮によって3回の講座で毎回演奏の形がはっきり見えてきます。

初めのうちは演奏しながら指揮を見るのも一苦労です。
IMG_0296.JPG

IMG_0303.JPG
余裕?な人もいますね!




IMG_0320.JPG

指揮者の指示をちゃんとメモって・・・・



IMG_0293.JPG
ここはこんな感じで・・・・




IMG_0236.JPG
初日の夜は講師によるコンサート。
トリオからデュオ(富川、池田)、ギター&ピアノ(松下、岸本)のデュオまでいろいろやりました。

ラストのギター4台(壇、縦石、富川、池田)&ピアノ
岸本)のラベルのピアノコンチェルト(松下編)も貴重な経験で楽しかったですね。


キッシー&シンディー.jpg
ピアニストの岸本さんとの初ツーショット!

素敵な演奏有難うございました。




IMG_0253.JPG
コンサートを聴いた後も若者はギターを弾いています。

2日目の夜にフリーコンサートと題して行った若手のコンサートも本当に素晴らしかったです。



IMG_0442.JPG
聴講生として参加したマンドリンの池田国昭さんもここで登場!(やっぱり)

IMG_0456.JPG


カルテットも素晴らしい演奏でした。



IMG_0402.JPG
富川クラス。
楽曲分析からテクニック、歴史的背景まで分かりやすく、かつ記憶に残るレッスンだった、と聴講した全員が言ってました。(私もレッスンなので、他のクラスは覗けないのです。次回は記録しよう。)




IMG_0408.JPG
富川さんのギター史講座も勉強になりました。

其々の時代の作曲家や時代の背景など、受講生の弾く曲がどんな時代だったのか・・・

受講生の皆さん、もう自分の弾く曲がどんな歴史を経て存在するのか分かりましたね?



IMG_0256.JPG
少し空いた時間にいろいろなアングルで撮ってみました。


シブい・・・・・




IMG_0267.JPG
こっちは仲良しの図




IMG_0346.JPG
私のクラス。
親指の音色について話しているのかな。
良い音が出て二人とも喜んでいます。


IMG_0282.JPG
昼食は池田国昭さん特製カレー30人分!
写真撮らずに食べました。




松下クラス。
秘伝伝授中。
IMG_0274.JPG



IMG_0504.JPG
ギターを思う存分弾いたらみんな飲み会(?)やってました。
というわけで、あっという間の3日間でしたが、真面目に音楽を楽しんだ講習会でした。

今回私は運営とレッスンに集中して、松下さんと富川さんの講座をたっぷりと受講しました。(それが目的の一つだったので)

特に印象的だったことは、何かを伝えるときの一つ一つの言葉選びがとても丁寧なことです。

時にはシビアに、またあるときはユーモラスに言葉を投げかけていました。

そうして言葉は情報としてだけでなく、印象や感触として記憶に残って行くのでしょうね。

というわけで今回もいろいろな気付きを頂きました。


IMG_0620.JPG


来年もAGAやります!



IMG_0635.JPG
帰りに関門海峡と富川さん。



IMG_0643.JPG

最後は小倉に戻ってスタッフ打ち上げ〜!
お手伝い下さった皆様本当に有難うございました!










posted by 池田慎司 at 06:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
gucci コピー
Posted by christian loubtin at 2013年07月20日 20:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。