2011年05月05日

終了

110424_1044~010001.jpg110429_0804~010001.jpg2011.4.27小倉インマヌエル教会コ.jpg110429_1306~010001.jpg110429_1010~01.jpg
富川勝智さんとのツアーは実に楽しく充実した8日間でした。


24日
富川ギター教室の発表会へ向け東京へ。行きの新幹線で遂に生富士山と初対面。良い旅の始まりの予感。
発表会では教室の生徒さんの演奏を聴き、レベルの高さを実感しました。
ゲスト演奏ではソロ&デュオを披露。

富川ギター教室の生徒さんとの再会あり、初めて知り合う方々との出会いあり・・・
楽しい時間を過ごしました。(打ち上げでも)

25日
北九州公演と講習会でのコンサートプログラムを1日使ってリハーサル。
と言いつつ夜はギタリスト益田氏と音響のスペシャリストYOTA氏と共に飲み会。(こっちの方が長かった)

26日
尾野桂子さんとのリハーサル。
そのまま一緒に神成理さんのコンサート会場へ。

コンサートは素晴らしかったです!
音楽が素晴らしいだけでなく、こんなに太く輝きのあるギターの音を聴いたのは スペイン留学以来かもしれません。
音楽で感動するだけでなく、ギターの音そのものに驚く程魅力や感動がありました。
正に神成氏の音はスペインの音でした。
今ここにホセ・ルイス師匠が蘇ったかのような衝撃的なコンサート。
その場に居れたことに感謝です。


27日
朝から富川氏と北九州へ移動。
現地でリハーサルを済ませ、昨晩のコンサートの感動冷めやらぬ内に私達も本番。
自分で言うのもなんですが、良いコンサートでした。
(震災チャリティーとしても)


28日
講習会へ向けて前乗り。
せっかくなので観光も兼ねてやまなみを抜けて大観峰へ。
しばらく阿蘇を一望し大自然を満喫していたら・・・

すぐ横でお笑い芸人の髭男爵と女優の安めぐみがロケやってました。

スポーツ系の自転車にそれなりの装いだったので、しばらく気づかなかったのですがよく見るとそうでした。

あんまり良く見ていたので向こうのアシスタントに


「撮らないでください!」


って言われてしまいました。(残念)

その後講習会の会場「根子岳山想」到着。
スタッフのレッスンや翌日のアンサンブル指導を含め、講習会前日なのに、やはり夜中まで楽しんでしまいました。


29日ー30日
午前中もスタッフのレッスンをして、昼過ぎに開講。
実に沢山の素晴らしい受講生に恵まれました。
今回の内容は私達の個人レッスン以外に尾野桂子さんの追加レッスン。(希望者多数)そしてアンサンブルレクチャーが3枠(各90分)。

レクチャーではF・ソルのエチュードの中から5曲選び、実際には独奏として書かれたそれらの曲を3パートのトリオ譜に書き直し、3人一組のアンサンブルチームに分かれて講習会中に曲を仕上げて行くという内容。

いくつかの講座内容の中で特に興味深かったのは、公開リハーサルです。それぞれのチームが受講生の前でリハーサルを始める訳ですが、各チームどの様にリハーサルを進めようと自由。
その後に各々リハーサル現場で感じた事を発言してもらいます。
一見何気ない感想のように見えても、各受講生の発言はどれもその場で感じた事実だったし、そして何よりその発言が人それぞれだということです。

誰かが発言する事で周りの人は「なるほどそういう考えもあるのか」とか「私も同感!」「意義有り」など思いながらどこか自分自身で納得して行きます。


その辺りの「適宜に気付く」というのも良いですね。


肝心の各チームの演奏ですが、毎回良くなって行きました。 きっと練習中も良いコミュニケーションが取れていたのでしょう。

また各チームには九州の若手ギタリストが一人ずつリーダーとしてメンバーに加わってくれましたが、彼らのリーダーシップがあってこそこのスムーズな仕上がりは実現されたのですね。

ナイトコンサートも初日、2日目共にバラエティーに富んだ内容で盛り上がりました。


また夜の懇親会で披露された池田国昭さんのマンドリン演奏も秀逸でしたね。


最終日
レッスンも終わり、講習会の締めくくりとしてファイナルコンサート。
期間中に練習した受講生達のトリオはそれぞれに仕上がって素晴らしい演奏でした。
続く有志によるデュオ&ソロ演奏。

と言うわけで講習会閉講。


ゲスト講師の富川氏尾野氏を始め若手ギタリストの皆さん、講習会の運営に尽力を注いで下さった生徒スタッフ。

そしてギターを弾き続けて下さった受講生の皆さん。

有難うございました。

また来年!



という怒涛のゴールデンギターウィーク。


お休みなさい。


posted by 池田慎司 at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。